読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぐま屋珈琲店+

へっぽこ家族で喫茶店をやっています。まだつぶれていません。

私と下処理

私と珈琲
f:id:ch-koguma:20150515201151j:plain

お客さんからタケノコと米糠をいただいたので、下処理という作業をやってみました。

もし、この下処理中の、米糠の分量
火の加減、沸騰までの時間、アクの取り方、冷ます時間の長さ、どれかひとつでも出来上がりの風味に決定的な差を生む事があるのだとしたら、「手間暇かけて丁寧に‥」とか「時間を惜しまず、こだわりの‥」とか言うのが常套句の珈琲焙煎なんて、タケノコ下処理の手間暇と比較したらハナクソくらいにしかないんじゃないかと大変勉強になりました。

これでは八百屋さんで買うタケノコが高いのも納得だと同時に、中国産タケノコ水煮の安さが際立ちます。

f:id:ch-koguma:20150515202749j:plain
おそらくしっかりできたはずのタケノコは、もうすぐ旅立つコックさんに託して
タケノコごはんにしてもらいました。

最後にいい思い出ができましたね。

底の浅さがカンフーシューズ並みの可能性がある珈琲豆ですが、このごろ品薄になることが多く、ご迷惑おかけしています。
お近くの方でしたら、焙煎後にお届けしたりもできますので、ご注文してみてください。