読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こぐま屋珈琲店+

へっぽこ家族で喫茶店をやっています。まだつぶれていません。

煤の日


f:id:ch-koguma:20150713154626j:image

東京競馬場の花火大会の日
自力での掃除を諦めかけていた
焙煎機の換気扇と煙突の掃除を行いました。

町中がふわふわ楽しそうな時にわざわざ、
人混みが大変苦手で、大小問わず人の輪に
加われないコミュ障が、ひねくれて当て付けでやったわけではありません。 

東芝DVF 20MRQ8型は
取り外し掃除を行う際は専門業者に
依頼することという注意書きがなされており
3年の間、どうしたものか開けては閉めを
繰り返しておりましたが
勇気を出して内部を無理やりこじ開けて
見ましたら、星野珈琲店のホットケーキくらい分厚い煤の固まりが煙突の穴をふさいで
おりました。

これがどの程度、出来上がりの珈琲に
影響を及ぼすのかは、はっきりと
わかりませんが、よい影響でなかったことは
雰囲気でわかります。

大変な思いをしてしまいましたが
このような困難なところを、これからは
定期的に自分で掃除ができるのは、とても
気分が良く、幸せでありました。

各部品も取り外し、洗剤で綺麗に
磨いたのですが、掃除あるあるの一つ
磨いたら裏表がわからなくなったと、
分解あるあるの一つ、組み立ててみたら
覚えのない部品がひとつ余ってしまいました。

私は珍しく明るい表情をしておったのですが
機嫌が良い理由を聞いたコックさんに
大変地味であると怪訝な表情をされて
しまいました。

次の焙煎が楽しみでいるというのは
根暗脱却の
よい傾向にあると思います。