こぐま屋珈琲店+

へっぽこ家族で喫茶店をやっています。まだつぶれていません。

お店のご案内

2012年の10月17日にはじまっていました

府中、大国魂神社の脇道にある喫茶店です。

 

珈琲は一応、自家焙煎です。

深煎りの珈琲をネルドリップで淹れてます。

お食事と甘いもの、珈琲以外の飲み物も

あります。

珈琲豆も少しですが、販売していますのでよろしくお願いいたします。

 

営業日と営業時間

8:00〜11:00 (水曜から土曜のみ)

朝営業お休み中

11:30〜20:30

12:00〜18:00(土日祝)

オーダーストップは食事が1時間前

その他は30分前になります。

8:00〜11:00はモーニングメニューです。

11:00で一旦閉店になります。

 

定休日

毎週火曜日

 

自転車、ベビーカーなど

自転車の駐輪場所がありません。

ベビーカーは置き場所をご用意できないので

1階席のみのご利用になります。

各席、小さめのやつが1台まで横に

置けると思いますので、ご入店は1台までで

お願いいたします。

 

お席のご利用

4名さままでの席が一番大きい席になります。

基本的にはワンオーダーでお願いします。

状況によりますが、ご利用時間はだいたい2時間くらいでお願いしています。

 

 

電気をつける

f:id:ch-koguma:20200815184149j:image

お店に寝泊まりしたおかげでだいぶ進みました。あっちこっち向いてる電気は頭をぶつけるのですが、けちってLEDにしなかったのが悔やまれる懐かしい高温モデルです。あとは床を張り替えて、下げられないブラインドを下げて、形状が違ったランプをどうやってつけるか考えてお店作りは完了です。果たして気持ちが続くかどうか、次回につづく!

塗る必要のない壁を塗る

f:id:ch-koguma:20200808215431j:image

いい色だと言われて気をよくしてしまいまして、塗る予定のないところまで塗りだしてしまいました。案の定途中でペンキが足らなくなったので、最後は指についたペンキを擦り付けて帰ってきました。はじめの2度塗りしたところとのムラを楽しめるくらい大人になりたいと思います。電車通勤が暇すぎて1日に2回も更新してしまいました。

ドリップバッグ

f:id:ch-koguma:20200808133432j:image

 

新しいドリップバッグを3種類並べてみました。2階の物販スペースにあわせて販売しようとしていましたが、物販スペース計画が頓挫しておりますのでレジ前で先行発売です。

グレーはビター、グリーンがマイルド、ピンクはカフェインレスコーヒーになります。これまでのシールタイプよりも直接印刷でプロの仕上がりです。仕上がり確認しましたが、なかなか美味しくできたと思います。

まぜこぜ5コパック850円、ばら1つ200円です。

買いに来てくださいとは言いにくいのですが、もしお越しいただいた際は何卒よろしくお願いいまします。

コロナとこぐま

f:id:ch-koguma:20200806070104j:image

府中から電車で10分くらいですが、駅から10分も歩くと、見たことのない色の大きな虫が玄関のまわりを飛び回ってる、そんな長閑で心が長閑じゃない土地に住みますと、コロナの事なんか忘れてしまいそうになりますが、お店ではコロナ対策を強化中との事です。

f:id:ch-koguma:20200806070439j:image

大変読みにくいのですが、各席に置かせてもらっています。お席に関しては減席しており、2階席は2名さままでとなっています。お席は最大4名さままでですが、大きな席は2席のみになります。お時間も1時間前後での全席入替にご協力いただいております。

店内では少し抑えめの声でお話しいただき、こ飲食以外ではマスクの着用をお願いしております。

従業員も、店内の消毒、マスクの着用や手洗い、ちょっとでも具合悪い時は休んだり、場合によっては休業にするなど、出来る限りの事をして営業しておりますが、もしなんかで大変なことになっちゃいましたらごめんなさい。

でも、ぼくクセでお釣り手渡しにしちゃうのですが、やっぱりまずいのでしょうか。子供の頃は落ちてるもの口に入れちゃだめって事くらいしか言われてこなかったけど、そんな程度の衛生観念しか備わってないぼくは1人でステイホームしといた方が世の中の為のような気がします。

私と府中

f:id:ch-koguma:20200727152145j:image

7年くらい暮らした府中から引越すことになりました。引越し屋さんが多めに置いていってくれたダンボールが足らなくなるくらいの物が出ると、生き方そのものを改めた方がいいように感じてしまいます。日常の形が変わるとともに、子供も何か様子が変だと、エンエンエンと泣いております。嫁は円円円と嘆いております。最後くらいちゃんとしないといけないよ、いいかげんにおよしよと父親らしく言ってみても、子供は私の少ない髪をむしり始め、嫁は遠くで聞こえたクラクションかのように、耳をピクッと動かしただけで振り向くことはありませんでした。